>>back to label list

Laura Gibson “Beasts of Seasons”
ローラ・ギブソン 『ビースツ・オブ・シーズンズ』


twinkle 2 / HEADZ 129
¥ 2,415 (tax incl.) ¥ 2,300 (without tax)
2009. 2.18 on sale
HUSH RECORDS



2006年にリリースされた1stフル・アルバム『If You Come to Greet Me』がじわじわと話題になり、日本でも秘かにロングセラーとなったオレゴン州ポートランド在住の女性シンガーソングライター、ローラ・ギブソンが2ndフル・アルバムにて日本デビュー。
スフィアン・スティーヴィンス、ザ・ディセンバリスツ、マッドハニー、ビル・フリゼール他を手掛け、グラミー賞にもノミネートされたプロデューサーのタッカー・マーティンがプロデュースのみならず録音やミックスも担当。
前作に引き続きドラマーにレイチェル・ブラムバーグ(元ザ・ディセンバリスツで、M・ウォードやブライト・アイズのツアー・メンバー)、エレキ・ギターに前作のプロデューサーでもあったアダム・セルツァー(M・ウォードのバンド・メンバーだけでなく作品のミックスやエンジニアも担当)を迎え、今作にはザ・ディセンバリスツのネイト・クェアリーがアップライト・ベースで、トリステザのショーン・オギルヴィーがエレキ・ギターで参加している。
友人のミュージシャンやツアー・バンドのメンバー達とコラボレートによって制作され、ヴィンテージのアナログ・テープ・レコーダーによってライヴ録音されている。
ローラの奏でるナイロン弦ギターの調べ、ストリングスやホーンのアンサンブル、合唱団のコーラス等々、デジタル・レコーディングやラップトップ上での編集では再現が難しいオーガニックなサウンドを堪能できる。
ヴァシュティ・バニアンやジュディ・シルの過去の傑作群の様に、聴いた瞬間に時代を超越した雰囲気を醸し出すローラの哀愁帯びた「うた」が、繊細かつ暖かみのある素晴らしい演奏と相まって、唯一無二な音世界を創り出した。
ローラはザ・ディセンバリスツのフロント・マン、コリン・メロイのソロ、DeadOceans期待のホワイト・ヒンターランド、日本でも話題のバンド、The Dodosの作品へ参加しているほか、イーサン・ローズとの共演盤も控えており、彼女の注目度は日に日に増している。

●解説:福田教雄
●歌詞・対訳付
●日本先行発売
●日本盤のみボーナス・トラック1曲収録
Part 1 : Communion Songs コミューニオン・ソングス
1. Shadows on Parade(シャドウズ・オン・パレード)
2. Come by Storm(カム・バイ・ストーム)
3. Spirited(スピリテッド)
4. Postures Bent(ポスチャーズ・ベント)

Part 2 : Funeral Songs フューネラル・ソングス
5. Funeral Song(フューネラル・ソング)
6. Where have all your good words gone?(ホウェア・ハヴ・オール・ユア・グッド・ワーズ・ゴーン)
7. Sleeper(スリーパー)
8. Sweet Deception(スウィート・ディセプション)
9. Glory(グローリー)
10. Hands in Pockets[with the Portland Cello Project](ハンズ・イン・ポケッツ[ウィズ・ザ・ポートランド・チェロ・プロジェクト])

Total Time 43:12
※Track 10 … 日本盤のみのボーナス・トラック
All songs written and performed by Laura Gibson
Produced by Tucker Martine
Recorded and mixed by Tucker Martine at Flora, Portland, Oregin May-July
2008.
Mastered by Roger Seibel at SAE Mastering, Phoenix, AZ

Players:
Laura Gibson: Nylon & Electric Guitar, Banjo, Percussion, Bells
Rachel Blumberg: Drums and Percussion, Vocals
Nate Query: Stand-Up Bass
Cory Gray: Piano, Trumpet, Marxophone, Pump Organ
Eyvind Kang: Viola(1, 4, 6)
Lisa Molinaro: Viola(2)
Jason Leonard: Vibraphone, Percussion, Whistling
Adam Selzer: Electric Guitar(1, 4, 7)
Sean Ogilvie: Electric Guitar(3), Pump Organ(5)
Dave Depper: Electric Guitar feedback(3)
Toussaint Perrault: Trombone
Scott Magee: Bass Clarinet
Paul Brainard: Pedal Steel
Micah Rabwin: Saw
Shelly Short: Vocals
Laura Veirs: Vocals
Danny Seim: Vocals
Parade field recordings from Alberta Street; May 17, 2008
Hands in Pockets (with the Portland Cello Project);
Douglas Jenkins: Arrangement and Cello

>>back to label list