>>back to label list





FilFla“Sound Fiction”
フィルフラ 『サウンド・フィクション』

WEATHER 047 / HEADZ 147
¥ 2,500 (tax incl.) ¥ 2,381 (without tax)
2010.12.15 on sale
WEATHER / HEADZ

“Sound Fiction”特設ページ開設!!!
http://sf.frolicfon.com/

購入はコチラ>>  


Minamoのメンバー、FourColor、Fonicaの名義でも活動する杉本佳一のソロ・プロジェクト、FilFla(フィルフラ)が2008年1月発表の『frolicfon』以来、約3年振りとなる ニュー・アルバム『Sound Fiction』(通算3枚目)をリリースする。
『frolicfon』で魅せたカラフルで、ダイナミックなサウンドは、昨今の雰囲気もの的なポップな電子音楽との明らかな相違を提示したが、今作では更に一歩押し進め、楽曲そのものの良さを引き出す様なより繊細かつ多彩なアレンジが施された。
トラックメイカーとして評価はこれまでも高かったが、今回は杉本佳一のソングライター/アレンジャーとしての魅力や実力が存分に発揮された作品となっている。
近年のライヴで固定されたバンド・メンバーがそのままレコーディングにも参加したこともあり、これまでにないオーガニックなFilFla流バンド・サウンドが確立されている。
アルバム一枚を通して、堪能出来る美しい「音」の数々をお楽しみ下さい。


01. Paranozl
02. All
03. Freefall
04. Infinite Journey
05. Loci
06. Ponia
07. Weightless
08. Deorbit
09. Wax and Wane
10. Rule
11. Ungrid



Composed by Keiichi Sugimoto

Recording engineer: Shuta Ishizuka
Mastering: Tomohiro Sato

Vocal: moskitoo
Drums: Kazuya Matsumoto
Contrabass: Hiroki Chiba

M3:Soprano Sax: Taishi Kamiya
Trumpet: Masami Hokama, Shinobu Nagao

M9:Vibraphone Izumi Misawa
Horn: Shinobu Nagao

FilFla(杉本佳一)

サウンドアーティスト/コンポーザー。FourColor、Minamo、Fonicaの名義でも活動する杉本佳一によるソロプロジェクト「FilFla(フィルフラ)」。
杉本の作品はニューヨークの「12k」、「apestaartje」、ドイツ「TOMLAB」、日本の「HEADZ」など国内外の音楽レーベルからリリースされ、英『THE WIRE』誌ベスト・エレクトロニカ・アルバムに選出されるなど、海外での評価も非常に高く、これまでにヨーロッパ各国をはじめアジア、北米・カナダ、オーストラリアでライブパフォーマンスを行うなどグローバルな活動を続けている。
また、これまでに数多くの映画/映像、演劇、エキシビジョンへの楽曲提供・制作、CM/web/企業VPのような広告音楽を手掛ける中、2004年カンヌ映画祭では宮崎淳監督による「FRONTIER」が監督週間おいて「若い視点賞」、2006年フランス・エクスアンプロヴァンス映画祭ではドイツ人監督Timo Katzによる「Whirr」が「オリジナル映画音楽部門賞」を受賞するなど実績も残している。これらの受賞をきっかけに2007年フランス映画音楽作曲家協会(U.C.M.F)会員として登録される。
自身のアーティスト活動と並行して、1999年より音楽レーベル・イベントを運営する、CUBIC MUSICを設立。
World's end girlfriend、kyo ichinose、piana、No.9などの作品を国内外へリリース。12k、Hapna、TOMLABなど海外の電子音楽系レーベル/アーティストの招聘なども積極的に行っている。

http://www.frolicfon.com/

>>back to label list