>>back to label list


豊田道倫『m t v』

WEATHER 058 / HEADZ 176
\ 2,500 (tax incl.) \ 2,381 (without tax)
2013.3.21 on sale
WEATHER / HEADZ

MT NEWS(豊田道倫 最新情報)
http://d.hatena.ne.jp/mtoyota2/

『m t v』セルフライナーノーツ 「『東京の恋人』から8年、『m t v』」公開中

オンラインショップ「ヘッドホン」にて特典CDR付発売中!

豊田道倫『m t v』発売記念コンサート&ライブ・ツアー開催決定!
■4/26渋谷O-nest
■5/10名古屋K・Dハポン
■5/12大阪NambaBEARS








豊田道倫『m t v』発売記念コンサート&ライブ・ツアー開催決定!!!

豊田道倫のニュー・アルバム『m t v』の発売を記念したコンサートおよびライブ・ツアーが決定!
東京公演をはじめ、名古屋・大阪公演でもバンド編成によるライブを行います。
バンド・メンバーには『m t v』のレコーディングにも参加した久下惠生と宇波拓を迎えて(東京公演のみ昆虫キッズ / Paradiseの冷牟田敬も参加)、『m t v』の世界を具現化します。


豊田道倫『m t v』発売記念コンサート

日程: 2013年4月26日(金)
会場: Shibuya O-nest
(〒150-0044 渋谷区円山町2-3 6F / TEL. 03-3462-4420 / http://www.shibuya-o.com
開場:18:00 / 開演:19:00
前売:¥ 2,800(ドリンク別) / 当日:¥ 3,300(ドリンク別)
前売チケット:3月26日(火)より、ぴあ(Pコード:197-745)、ローソン(Lコード:75392)、e+、O-nest店頭にて発売。
前売予約:3月26日(火)よりHEADZ(info@faderbyheadz.com)にて受付開始。
※ 当日の入場は前売チケット購入者、前売予約、当日券の順になります。

豊田道倫『m t v』発売記念ライブ・ツアー

名古屋公演
日程: 2013年5月10日(金)
会場: K・D ハポン
(〒460-0012 名古屋市中区千代田5丁目12-7 / TEL. 052-251-0324 / http://www2.odn.ne.jp/kdjapon/
開場:18:00 / 開演:19:00
前売:¥ 2,500(ドリンク別) / 当日:¥ 3,000(ドリンク別)
前売予約:3月26日(火)より会場のお電話(052-251-0324)、メール(kdjapon@gmail.com)にて受付。

大阪公演
日程: 2013年5月12日(日)
会場: Namba BEARS
(〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中3-14-5 新日本難波ビルB1 / TEL. 06-6649-5564 / http://namba-bears.main.jp
開場:18:30 / 開演:19:00
前売:¥ 2,500 / 当日:¥ 3,000
前売予約:3月26日(火)より会場の店頭、お電話(06-6649-5564)、メール(info@namba-bears.main.jp)にて受付。

Total Information:HEADZ TEL. 03-3770-5721 / www.faderbyheadz.com




【収録曲】

1. 少年はパンを買いに行く
2. 抱っこ先生
3. 桜空港
4. 赤いイヤフォン
5. 3丁目9番16号
6. ブルーチェア
7. 幻の水族館
8. あいつのキス
9. オートバイ
10. The End Of The Tour
11. City Lights 2039
12. m t v
13. 鈍行列車に乗って


songs:豊田道倫
produce & sounds:豊田道倫 & 宇波拓
recording & mixing:宇波拓
recorded & mixed at hibari studio, l-e, ACE STUDIO(Aug. 2012 - Feb. 2013)
mastered by Alex Wharton at Abbey Road Studios(Feb. 2013)

guests:のもとなつよ(昆虫キッズ / Solid Afro):vocal(M2)
佳村萠:vocal(M4)
じゅんじゅん:vocal(M7)
三輪二郎:vocal & whistle(M9)
odd eyes:voice(M10)
川本真琴:vocal(M10)
久下惠生:drums(M10, 11)& drum samples(M1, 6, 13)
向島ゆり子:violin(M13)

ソロ名義としては約3年振りとなる豊田道倫の新作アルバムがリリース決定。
ここ数年で書き溜めた膨大な数の楽曲の中から厳選してレコーディングした名曲揃いの、早くも2013年を代表するマスターピースが登場。
昨年8月と12月にリリースされ、名曲揃いで話題となった2枚の先行EP(『The End Of The Tour』、『幻の水族館』)収録曲の別ヴァージョン(新録やミックス違い)も収録。その先行EP同様、宇波拓とがっちり組んで制作され、天才二人の才能が存分に発揮された作品となった。
川本真琴、佳村萠、じゅんじゅん(元MAHOΩ)、のもとなつよ(昆虫キッズ / Solid Afro)、odd eyes、三輪二郎、久下惠生、向島ゆり子がゲスト参加。
マスタリングはあのAbbey Roadで敢行。エンジニアのAlex WhartonはMy Bloody Valentineの22年振りの新作『m b v』のマスタリングを始め、ビョークやケミカル・ブラザーズとの仕事でも知られ、レディオヘッド、パンダ・ベアのマスタリング、ジョン・レノンやアップル関連のリマスタリングも担当している。
ジャケット写真は、写真家・梅佳代の撮りおろしによるもの(彼女はかつて豊田のライブで受付を担当していていたこともあった)。
前野健太、昆虫キッズ、スカート、大森靖子、他、彼のファンからスタートした後輩達が活躍する中、遂に真打ちが登場する。


デザインが刷新された元日の新聞みたいな、凸凹だらけの渋谷中央街の道端で昼寝する野良猫みたいな……パラガが俺の心に帰ってきた。

聴いたときのちょっとした違和感なんて当たり前。ここ2013年の日本に溢れかえる糞音楽モドキ達とは器が違うぜ。これは芸術なんだ。高潔なメッセージなんだ。グラミーとってきて欲しい。メトロノミーと遠藤賢司を繋ぐのは、練り消しみたいなサウンドと愚直な声。新しくて懐かしい。必聴たべ、日本のミュージック・フリーク達、そして未来のポップ・クリエイター達よ!

相田みつをのカレンダーみたいに、トイレには置きたくない。青空の下、こころに寄り添って欲しい言葉たち。

愛聴します。こころより。

岸田繁

_____

少年はパンを買いに行く、、、はたして何パンなんだったんだろうか?パンを買いに行っているのが自分だったら、、
切ないはずなのになんかドリーミー。むせび泣け

田我流

_____

豊田さんの歌を何故好きなのか、今までよく考えた事がなかった。
時々ならされるmbvみたいな音にズルッとなりながらそんな事を思った。
好きな理由を説明するのはとても難しい。
自分の曖昧な記憶や心象に訴えかけてくる豊田さんの歌。

私もヒトの事は言えないが、豊田さん、はっきり言って歌は上手いとはいえないし、変な声。
なんだこりゃ!て椅子からひっくり返りそうになるきったんない音やはみ出しまくったアレンジ。
でも、そういう要素はこのアルバムではますますガツンと出ていてとても好きだし、そんな分析なんてどうでもいいと言えばどうでもいい事なのだ。

ただただ曲と歌と歌詞の圧倒的な「強さ」と「美しさ」に胸がしめつけられる。つぶれた遊園地や、サービスエリア、安宿のロビー、暗闇の地獄にいる、豊田さんだかだれだかわからない影に。

息がしたくてベランダに出た。夜はまだひんやりしている。
体のどこかで豊田さんの歌が温もりに変わって鳴っていた。

石橋英子




 


>>back to label list