>>back to label list

無題ドキュメント
Stephan Mathieu“The Sad Mac”
シュテファン・マチュー『ザ・サッド・マック』


vector 4 / HEADZ 33
\2,415(Tax Incl.) \2,300(Without Tax)

“Goodbye DSP-Magic”
フル・スウィング名義でも知られるドイツの電子音響アーティスト、シュテファン・マチューが約3年の歳月をかけて完成させた、渾身のオリジナル・フル・アルバム(ソロのスタジオ・アルバムとしては4枚目)。
伝統的な楽器やクラシカルな楽器の演奏、ヴィンテージ・コンピュータのシステム音、フィールド・レコーディングを素材に、ベーシックなエディット・テクニック、マイクを使用した実験、昔ながらのレコーディング・プロセスによって制作されている。複雑なデジタル・プロセシングから解放され、過去と未来が混在したシンプルかつ深遠なサウンドは、まさに彼の最高傑作。
当初、キット・クレイトンの主宰するオースロング・ムゾークから発売される予定であったが、レーベル休止にともないHEADZより世界発売が決定。
『The Sad Mac』はシュテファンが過去3年間に渡って見舞われた、終わりなきコンピュータ・トラブルに捧げられた作品である。
Stephan Mathieu profile
シュテファン・マチューはザールブリュッケン出身で、90年代はベルリンでインプロのドラマー、ギタリストのオラフ・ラップとのデュオ、STOLやブッチ・モリスのコンダクション・アンサンブルのメンバーとして活動していた。
現在は再びザールブリュッケンに戻り、グラフィック・デザインやデジタル・アートの分野でも活躍し、美術大学で講師も務めている。
1999年より世界中のレーベルから15枚にもおよぶアルバムをリリースしており、2001年発売のリトルネルからの2枚目のアルバム“frequencyLib”は英『WIRE』誌のエレクトロニック・ミュージック部門のベスト10枚に選出された。
●HEADZ発の世界発売作品
●ソロのスタジオ・アルバムとしては4枚目の作品
1 Anakrousis 00:10
2 Theme for Oud Amelisweerd 17:35
3 Nibbio 03:45
4 Smile 06:02
5 Portrait of the Composer as Turbonegro 00:06
6 Tinfoil Star 04:08
7 Luft von anderen Planeten 03:15
8 Imagination 05:20
9 Tinfoil Star (Recording Angels) 03:15
10 icredevirrA 04:18
11 End Titles (150 pt) 00:21

Total Time 48:20

>>back to label list