>>back to label list

□□□ “朝の光/渚のシンデレラ
クチロロ 『朝の光/渚のシンデレラ

WEATHER 22 / HEADZ 50
\ 1,200 (Tax Incl.) \ 1,143 (Without Tax)
2005. 8. 3 (Wed) On Sale
WEATHER

□□□website

2004年6月に発売されたセルフ・タイトルのデビュー・アルバムが高い評価を獲得し(ミュージック・マガジン誌「ロック[日本]」部門で2004年の年間ベスト10に選出)、いまだロング・セラーを続ける「Jポップ・ミュータント」、□□□(クチロロ)が初のシングル盤をリリース!!
ダブルA面シングルとなる「朝の光」と「渚のシンデレラ」の2曲とカップリングの「JAMERSON VS. JENNIFER」に加え、「〜クチロロのワンダーランド〜」と題された遊び心溢れるショート・ピース16曲をボーナス・トラックとして収録した全19曲。ROVO、DUB SQUAD、ASLNのメンバーで、スーパーカー、クラムボン、キセル他のプロデューサ−としても知られる益子樹が、満を持してメンバーとともにプロデュースを担当。ポップ度全開で、更なる極みに達した□□□のニュー・フェイズをお楽しみ下さい。
【収録曲解説】
1. 朝の光
夜明け=太陽が輝き始める時間に沸き立つ、得も言われぬ感情をテーマに据えたタイトル曲は、□□□の特徴のひとつである煌びやかな装飾がハウス・ビートに乗った、疾走感溢れるキャッチーな楽曲。
2. 渚のシンデレラ
男女デュエットが眩い、ライヴでも必ず披露されてきた定番の曲が遂に音盤化。ライヴに近い形でレコーディングされたそのダイナミックな演奏と、美しい情景が広がる歌詞とが相まって、夏の開放的な世界を作り出す。
3. JAMERSON VS. JENNIFER
ファースト・アルバム収録曲「James VS. Jane」をオリジナルとは全く異なるロック・テイストにリメイク。
4.〜19.
□□□のもうひとつの側面と言える、ジャンルを越えた遊び心を一挙に詰め込んだボーナス・トラック集。アコーステッィクなアンサンブルやサンプリング一発勝負、ため息の出るような美しい楽曲からハード・ロックまで、彼らの引き出しをここに凝縮。
01. 朝の光
02. 渚のシンデレラ
03. JAMERSON VS. JENNIFER

〜クチロロのワンダーランド〜
04. OPENING
05. 俺のサンバ
06. 合コン1
07. ZIPANG JAPAN
08. 合コン2
09. メテオメテオ
10. ラッセン
11. LOVE THUNDER
12. ずる休み
13. SUMMER SUN
14. ロザンヌ、なぜ
15. 夏の恋人たち
16. 合コン3
17. きみのためにできること
18. 2−1−2 ( Live 22/JAN/2005 )
19. ENDING

TOTAL TIME 25:24

>>back to label list