>>back to label list

Town and Country “UP ABOVE”
タウン・アンド・カントリー 『アップ・アバ−ヴ』

THRILL-JP 30 / HEADZ 66 (原盤番号: THRILL 165)
¥ 2,415 (tax incl.) ¥ 2,300 (without tax)
2006. 1.20 on sale (米国発売: 2006. 1.24)
Thrill Jockey Records

2003年に発売された前作『5』から約2年5ヶ月振りとなるタウン・アンド・カントリーの通算6枚目のオリジナル作品(フル・アルバムとしては5枚目)が遂に完成。
プレフューズ73、サム・プレコップ・バンドのべーシストとして活躍し、Reminder名義でスコット・ヘレン主宰のEastern Developmentsからソロ作をリリース予定のジョシュ・エイブラムス、KrankyからBird Show名義で間もなく2枚目のアルバムを発表するベン・ヴァイダ。ベンとリズ・ペインは、TV POWのグレント・グッツァイト、Joan Of Arcのティム・キンセラ、元ミニストリ−のクリス・コーネリ−によるスーパー・バンド Everyonedにも参加。メンバーの課外活動が注目を集める中、満を持して発表される本作は、タウン・アンド・カントリ−によるフリーフォークへの返答とでも言うべき問題作となった。
ボニ−・プリンス・ビリーもカヴァ−したヨガ・ナンバー「Blue Lotus Feet」、古いポルトガルのクリスマス・キャロルをベースにした「King of Portugal」といった初のカヴァ−曲を披露し、この2曲では初のヴォ−カルにも挑戦。自他ともに過去最高のパフォーマンスと認める品川教会でのアコースティック・ライヴ(ブックレットにはこの模様の写真が掲載されている)を含む2003年11月の日本ツア−と、2004年春のトニ−・コンラッドとのツア−が、本作に多大なる影響を与えている。1997年の結成以来、8年以上に渡りオリジナルなミニマル・ミュージックを追求してきた4人が到達した、尺八やケーン等、民族楽器を多用したサイケデリック・フォーキー・ドローン・サウンドをご堪能あれ。
●日本盤のみボーナス・トラック2曲収録
●日本先行発売
1. SUN TROLLEY 7:42
2. FIELDS AND PARKS OF EASY ACCESS 1:42
3. PHONEY FUCKIN' MOUNTAIN 4:28
4. BEE CALL 1:43
5. CLOUD SEEDING 2:59
6. BLUE LOTUS FEET 2:59
7. KING OF PORTUGAL 5:32
8. BELLE ISLE 2:45
9. ALMOST AT WHITE GLASS AND SUN 3:52
10. UP ABOVE 9:46
11. SUN TROLLEY PART 2 3:17
12. UP ABOVE THE WORLD 9:40
TOTAL TIME 56:27

※TRACKS 11,12 … 日本盤のみのボーナス・トラック

>>back to label list