>>back to label list

TRANS AM “SEX CHANGE”
トランズ・アム 『セックス・チェンジ』

THRILL-JP 40 / HEADZ 95  
¥ 2,415 (tax incl.) ¥ 2,300 (without tax)
2007. 6. 6 on sale
THRILL JOCKEY RECORDS


!!!やテッド・レオ、ヒムやソーツ他、数々の名作を生み出したNational Recording Studioの運営を含めバンド活動の拠点としていたワシントンD.C.を離れ、セバスチャン・トムソン(Dr)はニューヨークとロンドン、フィリップ・マンリ−(G, Key, Vo)はサンフランシスコ、ネイサン・ミーンズ(B, Key, Vo)はニュージーランドに移り住んだが、2006年6月、2年振りに再び集結。
完成まで数カ月を費やした前作『リベレイション』(2004年)、前々作『TA』(2002年)と違い、約3年振りとなる8枚目のオリジナル・アルバムは、アルバムの構想、作曲、レコーディング、ミックスまでがたった3週間でなされ、ニュージーランド、ニューヨーク、サンフランシスコでレコーディング/ミックスが敢行された。
今まで通りハード・ロック/ヘヴィ・メタル/アリーナ・ロックから、ハードコア、ニュー・ウェイヴ、そして彼らが偏愛するクラフトワークまで、多彩なサウンドを絶妙に収斂し、時にはユーモアたっぷりに提示。
今作はヴァラエティの豊かさが素直に出た楽曲が並び、なおかつ全編がフィジカルで活き活きとしたグルーヴに貫かれている。
オネイダのツアー・メンバーやファッキング・チャンプスのメンバーとしても活動しているフィリップやウィアード・ウォ−にも参加しているセバスチャンの課外活動も反映された、!!!、バトルスをも凌駕する(?)、縦横無尽な折衷志向で突っ走る痛快なロック/ダンス・アルバムが登場。

● 日本盤のみ歌詞・対訳付
● 日本盤のみボーナス・トラック2曲収録
1. First Words 4:14
2. North East Rising Sun 4:44
3. Obscene Strategies  3:45
4. Conspiracy of the Gods  4:33
5. Exit Management Solution 1:04
6. Climbing up the Ladder (Parts 。 and 「) 3:29
7. 4,738 Regrets 3:50
8. Reprieve 3:37
9. Tesco v. Sainsburyユs 2:52
10. Shining Path 4:09
11. Triangular Pyramid 6:44
12. Shining Path: Interpretive Dance Remix 2:29
13. 4,739 Regrets 4:13
Total Time 49:51
※ Tracks 12, 13 … 日本盤のみのボーナス・トラック
All sounds by Trans Am
Additional guitar on “First Words” and additional guitar and vocals on
“Climbing up the Ladder (Parts 。 and 「)” by Grant Tennille
Additional synth programming on“First Words” by Barry London
Recorded in Auckland, New Zealand @ MAINZ / engineers: Roy Martyn & Rachel Wakefield and in Brooklyn, NY @ the Ocropolis / engineer: Barry London
Additional recording took place in London, UK, San Francisco, CA, and Los Angeles, CA
Mixed in San Francisco, CA at Tiny Telephone / engineer: Aaron Prellwitz
Bonus track 12: remixed by Aaron Prellwitz / bonus track 13: remixed by the Julian Proxy
Mastered at SAE

>>back to label list