>>back to label list

HOSE "HOSE"
ホース 『ホース』

UNKNOWNMIX 4 / HEADZ 97
¥ 2,500 (Tax incl.) ¥ 2,381 (Without Tax)
2007. 7. 4 on sale
UNKNOWNMIX / HEADZ

ホース website

hibari musicを主宰し、大友良英のONJOにも参加するフリー・インプロヴァイザ−、宇波拓率いる脱力系フォーキー&グッド・ミュージック・ユニット(?)、ホースの初のアルバムが昨年復活したUNKNOWNMIX(スマ−フ男組の前身、ADSもリリースしてた佐々木敦主宰の伝説のレーベル)よりリリース。
ふいごの古池寿浩、ブラジルの服部玲治、1stCD『popo』(compare notes/map)がジョン・マッケンタイアにも絶賛され、静かなロングセールスとなっているpopoの江崎將史がメンバーとして参加。
ローファイなA & M/バカラック風サウンド、宇波拓のメロディアスで華麗なギター・テクニック、歌声喫茶風コーラス、どれもが素晴らしい怪盤。

未知なる音を混交する、のがアンノウンミックスの神髄だ。
そしてホースほどUMに相応しい存在があるだろうか。
HORSEではない、HOSEである。
天才にして鬼才にして奇才という三才揃った逸材中の逸材、大友良英も豊田道倫も一目も二目も置く男、宇波拓率いるこのバンドは、なんともあけっぴろげに謎めいた愉快で痛快な音楽を朗々と粛々と奏でてみせるのだが、謎めき、とはいえ、それはよく云われるような意味での、ややこしくも魅惑的なる「問い」とか「質問」とか「問題」に満ちた音楽、というようなものではない。
驚くなかれ、ホースの音楽には何と「こたえ」しか存在していないのだ。
そう、ただひたすらに正解ばかりがあって、どこにも問いかけがない音楽。
逆スフィンクスのような音楽。
だからわれわれはそれを聴いて、めいめい質問を考え出さなくてはならない。
断言しておく。このアルバムは、十年や二十年のスパンではなく、一世紀に一枚出るか出ないかの*盤だ。
*の部分に「名」を入れるか「珍」を入れるかは貴方次第。
というより、それらは本当は同じことかもしれないのだが。
佐々木敦(UNKNOWNMIXER)

●解説:小笠原鳥類
1. a thing that is not as it has been used to be
2. would you mind being re-animated
3. a monk who reserves
4. hankyu-rokko on the seabed
5. parabola towards death
6. lark
7. captain (for Tetuzi Akiyama)
8. on death
9. 47°9′S, 126°43′W
10. hankyu-rokko on the seabed
11. an excuse to live
12. piano
composed by Taku Unami
recorded at Loop-Line on 11th & 23th, March 2007
mastered by Taku Unami at hibari studio
ホース
江崎將史 trumpet
古池寿浩 trombone
宇波拓 guitar
泉智也 bass
服部玲治 bodhran

前世紀末、宇波の発案により古池、泉、服部があつまる。ほどなくして江崎も加わり、5人編成のホースとなる。結成当時、念頭にあったのはラズウェル・ラッド・トリオ、アート・ベアーズ、ジェネシス、空手バカボン、ほぶらきん、シュールホフ、ブルヘリアなど。しかし、それらが思い出されることはないまま混沌とした数年が経過。泉の妄想に基づいたストーリーテリングとポピュラー音楽のメソッドから脱落したストラクチャーにより、効果をあげることなく切断される叙情的な楽曲をたどたどしく奏でるアンサンブルが確立しつつあった2003年、バンドが崩壊。2006年よりライブ活動を再開する。2007年、円盤ジャンボリーにおける40人編成での合唱(1月)、UNKNOWNMIXからリリースされる初CDのためのレコーディング(3月)、H・P・ラヴクラフトの墓参(4月)を経て、今日に至る。
ホース 掲載情報

STUDIO VOICE 4月号(3/5発売)アーティスト紹介
JUNGLE★LIFE 7月号(6/1発行) アルバム・レビュー
STUDIO VOICE 7月号(6/5発売)アルバム・レビュー
MUSIC MAGAZINE 7月号(6/20発売)「Album Pickup」(アルバム・レビュー)、アルバム・レビュー
intoxicate vol.68(6/20発行)アルバム・レビュー
JUICE 7月号(7/2発行)アルバム・レビュー
読売新聞2007年7月12日号 アルバム・レビュー
CROSSBEAT 9月号(7/18発売)「佐々木敦のOUT THERE!」にて紹介

>>back to label list