>>back to label list

the Sea and Cake “CAR ALARM”
ザ・シー・アンド・ケイク 『カー・アラーム』

RZCM-46063
¥ 2,415 (tax incl.) ¥ 2,300 (without tax)
2008.10.15 on sale
THRILL JOCKEY RECORDS



前作『エヴリバディ』から約1年5ヶ月、サム・プレコップ(ヴォーカル/ギター)、アーチャー・プルウィット(ギター)、エリック・クラリッジ(ベース)、ジョン・マッケンタイア(ドラム)、この不動の4人組が8枚目のフル・アルバムを完成させた。
バンドとしての好調さを示すかの様に、彼らの近作としては非常に短いインターヴァルで完成した本作は、1997年の4thアルバム『ザ・フォーン』以来となるゲストなし、バンド・メンバーのみで制作されている。
2007年、バンドは『エヴリバディ』のリリース後、2回にわたるUSツアーを敢行し、ヨーロッパと日本を廻り、ツアーは2008年3月のオーストラリア公演まで続いたが、その帰国直後にレコーディングをスタートさせた。
2007年12月の来日公演でも過去最高とも言える素晴らしいライヴ・パフォーマンスを披露したが、そのツアーでの充実した演奏を反映してか、今まで以上にバンド・アンサンブルを生かしたアップビートな楽曲が多く収録されている。
実際にリーダーのサム・プレコップはこの来日時に「ライヴの出来も満足していて、バンドの状態も凄く良いから、直ぐに次のアルバムの制作に入るつもりだ」と語っていた。
例えば、彼らのトレードマークとも言えるサムとアーチャーの阿吽の呼吸の様な、複雑ながらも有機的に絡み合うギター・アンサンブルは更に磨きがかかった印象を受ける。
『エヴリバディ』からヘヴィーなオルタナ感を削ぎ落とし、ライヴのスリリングさがよりダイレクトに伝わる様なストレートなロック・サウンドと、清涼感溢れる軽妙かつリズミカルなビートが同居しているが、初期ザ・シー・アンド・ケイクのギター・ポップさとも違う、またしても新たなポップ・ミュージックを創出することに成功した。
勿論、2000年の5thアルバム『ウイ』に代表される繊細なアコースティック・サウンドかつ流麗なメロディーも健在。
前作で初めて外部プロデューサー(ベック/ウィルコ/スーパーチャンク/スリント他で有名なブライアン・ポールソン)を起用したが、本作の録音とミックスは再びジョン・マッケンタイアが担当している。
斬新なリズム・サウンドが印象的な「ウィークエンド」や「ニュー・スクールズ」、ヴァン・ダイク・パークスの『ディスカヴァー・アメリカ』から影響を受けて使用したというスティール・パンの響きが美しいアルバムのエンディングを飾るインスト曲「ミラーズ」(日本盤にはこのあとにボーナス・トラックを追加収録)等々、ジョンのスタジオ・マジックも随所で輝きを魅せる。
1993年のバンド結成から早15年、2008年はサムとスリル・ジョッキーのオーナー、ベティーナ・リチャーズとの間に第一子(男女の双子)が生まれた記念すべき年にもなった。
それが創作意欲に繋がったのか、長いキャリアの安寧することなく、新たな挑戦を続ける彼らの最新サウンドを是非チェックしてみて下さい。

●解説:佐々木敦(HEADZ)
●歌詞・対訳付(日本盤のみ)
●日本先行発売
●ボーナス・トラック1曲収録(日・豪盤のみ)
1. Aerial エアリアル
2. a Fuller Moon ア・フラー・ムーン
3. on a Letter オン・ア・レター
4. CMS Sequence CMS シークエンス
5. Car Alarm カー・アラーム
6. Weekend ウィークエンド
7. New Schools ニュー・スクールズ
8. Window Sills ウィンドウ・シルズ
9. Down in the City ダウン・イン・ザ・シティ
10. Pages ペイジズ
11. the Staircase ザ・ステアケース
12. Mirrors ミラーズ
13. Also Ran オールソー・ラン
※ Track 13 …ボーナス・トラック(日・豪盤のみ)
Sam Prekop - vocals, guitar, keyboards
Archer Prewitt - guitars, keyboards, steel drums
Eric Claridge - bass
John McEntire - drums, keyboards, steel drums, percussion
Recorded and mixed at by John McEntire at SOMA Electronic Music Studios, Chicago, IL.
Design by Archer, Sam and Sheila Sachs.

>>back to label list